映画『ペンギン・ハイウェイ』感想

 

 映画『ペンギン・ハイウェイ』観ました。以下感想を書きますが、例によってネタバレだらけなのでまだ観てない方は注意してください。

 

f:id:magnetmikan:20180819193642p:plain

© 2018 森見登美彦KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

 

 この映画は森見登美彦の同名小説をスタジオコロリド(ごめんなさい、この映画観るまで名前すら知らなかった……)がアニメ映画化したもの。原作からしてビジュアル的に面白い場面も多く「これはアニメ映画向きの作品なんじゃね?」という感はありましたが、まあ結論から言うと限りなく理想に近いアニメ化で僕としては大満足でした。キャラデザ、声優さんの演技、美術、演出、劇伴、どれもきっちり決まっていて、小説の映像化にありがちなコレジャナイ感がまったくなく、原作を読んだときの感動をそのまま思い返しながら観ることができました。

 

 さて映画の内容。

 主人公は、小学四年生の男の子にしては異常なほどお利口さんな理系キャラ・アオヤマくん。彼は恋という観念をまだ知りませんが、通っている歯科医院の「お姉さん」のことが気になって仕方がありません。「結婚する相手をもう決めてしまった」とか「親しくお付き合いしている」とか、何かと背伸びしたモノローグがいちいちかわいい。

 そんな彼が、海のない町でペンギンを見掛けたところからこの映画は始まります。一体、ペンギンたちはどこから来て、どこへ消えたのか。町ではちょっとした騒ぎになり、アオヤマくんは友達のウチダくんを引き連れてペンギン研究を始めます。しかし、さらに不思議なことに、ある日アオヤマくんは「お姉さん」が実はペンギンの謎と深く関わっていることに気付いてしまう……というのが導入部。

 理系少年アオヤマくんのかわいさは勿論ですが、この「お姉さん」というキャラ(名前は最後まで明かされません)もまた素晴らしい。無邪気で自由奔放で優しくて、しかし何やら不思議な力を秘めたミステリアスな女性――彼女はコーラの缶をペンギンに変身させて「この謎を解いてごらん」とアオヤマくんを誘惑します。あのシーン、アオヤマくんの歯を引っこ抜くという描写と併せてふたつのイニシエーションが重なり合うシーンだよなあ、みたいなことも考えましたが、パンフレットを読むと大森望氏が既に全く同じ指摘をしていました。何にせよ非常に鮮やかなシーンでしたね。

 

f:id:magnetmikan:20180819192735p:plain

© 2018 森見登美彦KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

 

 それから〈海〉の発見、ウチダくんやハマモトさんとのワクワクに満ちた実験と観察の日々、ジャバウォックの出現と町に迫る危機、アオヤマくんがお姉さんの部屋を訪れる場面の静謐な美しさ……こうして書いていくとあらすじ全部書くことになってしまいそうですが。

 

 しかし何と言っても凄まじいのがクライマックス。怒濤のように押し寄せる大量のペンギン、〈海〉への突入。アニメーションならではの魅力に満ちた動的なシークエンスで盛り上がりを演出し、そして〈海〉の中は、打って変わって沈黙の廃墟が広がり……制作陣の力の入れようが直に伝わってくる、圧巻の映像です。

 何が素晴らしいかって、視覚的な快楽は勿論なのですが、それ以上に、この場面こそ「生」と「死」、歓びと哀しみが混交して奔流する、あらゆる意味でこの映画を代表するシーンだからです。

 というのも、ペンギンも「お姉さん」も、これから消えてしまう運命にあるからです。この物語と「死」という問題の関連については後述しますが、ペンギンと「お姉さん」をめぐる謎の真相は、残酷といえばあまりにも残酷なものです。

 しかし未練を断ち切った「お姉さん」は、そんな葬列をカーニバルのように賑やかに演出してみせます。彼女の手によって次々とペンギンが生まれは町に溢れ出していく。「生まれる/死ぬ」という無情な真理を、ああも爽やかな祝福として描き出したという点において、あの場面はこの上なく感動的でした。

 

f:id:magnetmikan:20180819193806p:plain

© 2018 森見登美彦KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

 

 あ、あとラストシーンは原作とちょっと違うんですが、あれも映像作品として大正解としか言いようのない、見事な結末だったと思います。そしてその直後に流れる宇多田ヒカルの「Good night」……あのとき、多分人生で初めて映画館で泣く体験をしました。とにかく素晴らしかったです。

 

 

 褒め言葉ばかりでも面白くないので、ここからはちょっとした考察(という名のポエム)。

 これは謎を解き明かさんとして世界の外部へと手を伸ばしていく物語でもありますが、同時に自己発見の物語でもあります。

 たとえば恋。なぜアオヤマくんは「お姉さん」を見ていると幸せな気持ちになるのか。他の人と「お姉さん」は何が違うのか。恋という謎――アオヤマくんが己のうちに抱いた謎の自覚を、原作では以下のように叙述しています。きわめて美しい文章なので、ちょっと長めに引用しておきます。

 

ぼくはかつてお姉さんの寝顔を見つめながら、何故お姉さんの顔はこういうふうにできあがったのだろうと考えたことがあった。それならば、なぜぼくはここにいるのだろう。なぜここにいるぼくだけが、ここにいるお姉さんだけを特別な人に思うのだろう。なぜお姉さんの顔や、頬杖のつき方や、光る髪や、ため息を何度も見てしまうのだろう。ぼくは、太古の海で生命が生まれて、気の遠くなるような時間をかけて人類が現れ、そしてぼくが生まれたことを知っている。ぼくが男があるから、ぼくの細胞の中の遺伝子がお姉さんを好きにならせるということも知っている。でもぼくは仮説を立てたいのでもないし、理論を作りたいのでもない。ぼくが知りたいのはそういうことではなかった。

森見登美彦ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫・2012年)372-373頁 

 またこの作品では、最後まではっきり解き明かされない謎があります。即ち「お姉さん」はどこから来て、どこへ行ったのか。これは将来、アオヤマくん自身が解決するであろう謎として残り続けます。

 しかし、それは「お姉さん」だけが有する謎ではありません。我々ヒト自体、どこから生まれてどこに行くのやら、ちっともわからない。「生と死」は人類最大の謎であり続けるしょう。

 作中、アオヤマくんの妹が「お母さんが死んじゃう」と言って彼に泣きつくシーンがあります。勿論、母親が難病に罹っているとかそういうわけではなく、単に普遍的な問題として「人はいつか死ぬ」ということに気付いてしまった、というだけのことなのですが、アオヤマくんは妹をうまく慰めてあげることができません。

 

でも、たとえお腹がいっぱいであっても、何も言えなかったかもしれない。「生き物はいつか死ぬ」ということをいくら説明しても、彼女は納得しないということが、ぼくにはわかっていた。なぜならぼくも、あの夜にそんな説明では納得しなかったと思うからだ。

同上・272-273頁

 何気ない場面ですが、これは単に「お姉さん」との別離の伏線というだけに留まらない、この作品の主題に直接関わる重要な機能を帯びたシーンだと思います。「お姉さん」という謎は、生と死という謎とも繋がっていくわけです。

 アニメ版だとカットされていますが、原作ではこの「生と死」をめぐるテーマはもう少し掘り下げられています。あえて引用しませんが、ウチダくんが自分の死生観を語る場面なんかも面白いので、このへんは是非原作も読んでほしいですね。

 

 総合すると、この作品において、世界の成り立ちを巡る謎と、己自身が抱える謎は、決して別なことではなくて、むしろそのふたつの謎が重なり合うところにこそ、この一夏の物語が存在し得たと言えるんじゃないかと。

 アオヤマくんはペンギンと〈海〉からなる世界の謎を解き明かそうとしますが、その謎は図らずも「お姉さん」という謎へ、そして自らの恋心という謎へと繋がっていきます。逆に「お姉さん」にとっては、アオヤマくんが目指す研究に付き合うことによって、逆に自らの本質を発見してしまうんですね。そしてそれらの謎に底流する「生と死」という根源的な難問。――世界の外を発見しようとする彼らの旅は、同時に彼ら自身が抱える謎へと踏み入っていく旅でもあったとは言えないでしょうか。

 

f:id:magnetmikan:20180819194125p:plain

© 2018 森見登美彦KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

 

 世界は謎に満ちている。このことを、こんなにも楽しくユーモラスな冒険譚として、ちょっと哲学的な思索の物語として、かつ残酷で切ない初恋の物語として描き出した本作。今年、この上なく夏映画にふさわしい作品だと思います。

 

 

※本記事の画像は全て『ペンギン・ハイウェイスペシャルトレーラー(https://youtu.be/tVhy2LnbL1A)より。