『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』感想

(ネタバレ注意) youtu.be MOVIX京都で「外伝」を観、そこで「鋭意制作中」の5文字を目にしてから、もう1年以上になる。重なる不運をこえて、京都アニメーションは「劇場版」を世に送った。代筆屋の少女をめぐる物語に、ようやく終止符が打たれたわけだ。 …

リベラル版百田尚樹、中村文則についてあえて語る

書店に行く人なら、誰でも御存知だろう。「中村文則」という名前を記され、百田尚樹の左隣あたりに平積みされている妙に分厚い書物を。「光と闇」とか「絶対的な悪」とか「生きている確率は4パーセント」とか、三流邦画みたいな大仰なフレーズが帯にてんこ盛…

思春期と越境――『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』感想

(公開当時に他ブログにて書いた記事http://magnetmikan.hatenablog.com/entry/2017/08/21/014813 を改稿したものです) 思春期のノスタルジーを、きっと誰もが愛している。夏祭り、かまびすしい蝉の声、ささやかな家出、自分よりちょっと大人な女子……。1993…

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝』感想

(ネタバレ有) youtu.be かつて18世紀のヨーロッパで、手紙というメディアはその最良の繁栄を謳歌していた。ほぼ唯一の連絡手段として、あるいは自己表現として、人々は手紙を書き送った。やがて19世紀末から20世紀にかけて電話が普及し、手紙はかつてのよ…

映画『ペンギン・ハイウェイ』感想

映画『ペンギン・ハイウェイ』観ました。 © 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会 この映画は森見登美彦の同名小説をスタジオコロリド(この映画観るまで名前すら知らなかった)がアニメ映画化したもの。原作からしてビジュアル的…

北条裕子『美しい顔』感想――ワイドショーと文学

現在話題になっている北条裕子『美しい顔』読みました。特にこの小説に興味があったというわけではなく、出版社が無料での全文公開に踏み切ったので、便乗してタダ読みしただけですが……。芥川賞の有力候補作ということもあり、せっかくなので感想でも書いて…

『リズと青い鳥』感想

(以下、『リズと青い鳥』の内容に触れる文章になります。できるだけ核心部分はネタバレしないようにはしていますが、気になる方は読まないようにお願いします) 京都アニメーションの新作アニメ映画『リズと青い鳥』観に行きました。 手っ取り早く結論から言…